駿河屋会・各店舗のご案内です

駿河屋会・各会員店舗の概要

伏見駿河屋
駿河屋会・伏見駿河屋 天明元年(1781年)当店は「伏見」の港である畔で旧総本家駿河屋より分家開業いたしました。以来二百数十年「煉羊羹」「夜の梅」の味・製法技術を守り続けてまいりました。そして、季節の風情を写した生菓子など多種多様な和菓子にも力をそそいでおります。
所在地: 〒612-8364 京都府京都市伏見区下油掛町174
電話: 075-611-0020 FAX:075-603-2141Webサイト

大阪の駿河屋
駿河屋会・大阪の駿河屋 天保8年(1837)、駿河屋12代目岡本善右衛門が三男の善三郎を店主として船場淡路町に大阪店を開き、大阪城の御用菓子司として浪花の和菓子作りに励んでまいりました。以来羊羹の製法を今に受け継ぎ、常にお客様に喜んでいただけるよう精進致しております。 古来より受け継がれた駿河屋の「こころ」、素材・製法にこだわった伝統のお菓子をお楽しみください。
所在地: 〒534-0023 大阪市都島区都島南通り1-9-14
電話: 06-6924-8122 FAX:06-6924-8125Webサイト

京 駿河屋

駿河屋会・京都駅前駿河屋

京 駿河屋は、JR京都駅が七条停車場と呼ばれていた頃の明治19年に京都駅前に分家して創業。以来京都駅前駿河屋として伝統的な茶席菓子をはじめ、日々の暮らしの中での季節的な京菓子などを提供してまいりました。駿河屋ビル1階(烏丸通)と地下2階の二店舗で営業しております。

所在地: 〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町720
電話: 075-371-1188 FAX:075-371-7213 <Webサイト

大阪・長堀の駿河屋
駿河屋会・長堀の駿河屋 1461年、山城の国伏見の里で屋号を鶴屋として、菓子の製造を創業したのが『駿河屋』の始まりです。弊社は明治20年(1887年)大阪安堂寺橋町に分家し、羊羹を中心に、伝統的な技術と現代的な感覚を併せもった和菓子の製造に努めています。

所在地: 〒542-0081 大阪市中央区南船場2-3-7
電話: 06-6271-0018 FAX:06-6262-0111 <Webサイト


するがや祇園下里
駿河屋会・するがや祇園下里 するがや祗園下里は、本家より文政元年にのれん分けした由緒正しいお店です。家筋に代々伝わる煉羊羹や生菓子の技を受け継ぎ、さらに京都という歴史を持つ町で、技術と発想に磨きをかけ、今も京の風流人に愛され続けています。

所在地: 〒605-0085 京都市東山区祗園末吉町80
電話: 075-561-1960  FAX:075-561-4860 <Webサイト

先斗町駿河屋
駿河屋会・先斗町駿河屋 京都の花街・先斗町に創業し120年、自然の素材の持つ良さを活かしたお菓子づくりに取り組んでおります。 小さな和菓子屋ですが、お客様とのふれあいの中から良いお菓子が生まれます。
これからも一つ一つ丁寧に手作りの温もりを大切にしていきたいと思っております

所在地: 〒604-8013 京都市中京区先斗町通三条下ル
電話: 075-221-5210 FAX:075-222-1869 <Webサイト

稲荷駿河屋
駿河屋会・稲荷駿河屋 稲荷駿河屋のページ、ここに店舗案内文が入ります。ここに店舗案内文が入ります。ここに店舗案内文が入ります。ここに店舗案内文が入ります。ここに店舗案内文が入ります。

所在地: 〒612-0012 京都市伏見区深草一ノ坪町29
電話: 075-641-1221Webサイト


宇治駿河屋
駿河屋会・宇治駿河屋 宇治駿河屋はお客様との交流を大切にしたいとの思いで、本来の手づくりを頑として守り通しているお店です。私共は「品物のおいしさ」を保てる範囲が商いの
範囲と心得ておりますので、デパート ・スーパーには出店いたしておりません。
遠方のお客様にはご不便をお掛けいたしますが当サイトからの通販をご利用下さい

所在地: 〒611-0021 京都府宇治市宇治平等院表参道
電話: 0774-22-2038 FAX:0774-22-2868  <Webサイト

二条駿河屋
駿河屋会・二条駿河屋 二条駿河屋のページ、ここに店舗案内文が入ります。ここに店舗案内文が入ります。ここに店舗案内文が入ります。ここに店舗案内文が入ります。ここに店舗案内文が入ります。

所在地: 〒604-0026 京都市中京区二条通り新町東入る大恩寺町241
電話: 075-231-4633 FAX:075-231-4633 <Webサイト






  
       
Copyright (C) 駿河屋会 All Rights Reserved